« 南紀旅行 その① | トップページ | 南紀旅行 その③ »

2006年5月 3日 (水)

南紀旅行 その②

さて、道の駅「十津川峡」で朝目覚めると、なんだか回りが騒がしい・・・・。
なんと、朝の6時だというのに、もう駐車場に車がいっぱい(@_@;)
そして、朝市まで始まろうとしています!!
さすがGWですね(^.^)
でも、私たちはここで、まずはゆっくりと朝ごはんです。

06050301 ちなみに、この道の駅には「足湯」があったのですが、どうもお湯が硫黄臭かったので、入りませんでした。

でも、ここを訪れた方々は、これが目当てなのか、ついでなのかどうかは分かりませんが、足湯に入っている方が沢山いました。

さて、私たちは朝食を摂ったら次の場所、「谷瀬の吊橋(※1)」へとっとと向かいました。

06050302 この谷瀬の吊橋は、渡るのは無料なのですが、大勢渡ると危険ということで、橋の両端に監視の方々がいました。
しかも、橋の上で子供が飛び跳ねたりしようものなら、マイクで長~いお説教をしていました。

しかし、GWなのですが時間が早いせいか渡る人はほとんどいません。
なので、私と夫は途中立ち止まり、写真を撮っていたら・・・

「立ち止まらないで、歩いてくださ~い!!(-o-)」

と注意されてしまいました(^^ゞ
でも、立ち止まらないと、写真とれませんよね~???
それに景色も見たいし。
せっかく、日本一長い吊橋見にきたのに。

・・・・すると
・・・・・さすが夫です(^^♪

「歩いて見えるように、足踏みしとき(^_^)v」

っということで、夫の命令(?)により、その場足踏みをところどころしつつ、景色を満喫しながら渡り通すことだできました。
ん~ナイスアイディア~(^O^)

さて、谷瀬の吊橋を渡った後は長居は無用。
っということで、とっとと次の観光地へ!

途中、「野猿→とう、何やら怪しい文字が・・・
これは行ってみなければ行けません。

06050303 矢印の通りに行ってみると、十津川温泉」の敷地内へ・・・
さらに、車を降りて、歩いて行ってみると・・・・・
ありました!!何やら楽しげな物が(^O^)
なんと、自分でロープを引いて渡る

「人力ロープウエイ!」

・・・・・こんな面白そうなもの、やらない訳には行きません!!
夫の「筋肉痛になるからやめとき!」の言葉も聞かず、乗ってみました。
うっ・・・・結構重いかも・・・
ちょっと後悔しつつも、楽しんできました。
そして、往復してくると・・・・

06050304

なんだ~、自分もやりたいんじゃん~(^◇^)
っということで、夫も早速トライ。
でも夫は、人力ロープウェイの途中まで行って、帰ってきました。
ま、そうだろう、そうだろう。結構疲れるからね(-_-;)

それにしても、GWだというのに、こんなに空いていて良いのだろうか・・・・。
まだ午前中だからだろうか・・・・・。
あまり深くは考えない事にしよっと(^.^)

06050305 さて、この「野猿」で遊んだ後は、せっかくなので、この敷地内にある足湯につかることに(^.^)

あら???まだ貯めてる最中だったのかしら?あまり熱くないわ(-_-;)
けど、ちょろちょろと、お湯が出てるのはかなり熱い(源泉は70度らしい)
なので、ちょろちょろお湯が出てる真下に入りました。
ここのお湯は、ちょっとヌルヌルした「ナトリウム炭酸水素塩・塩化物泉」でした。

06050306 さて、その後は熊野本宮大社に行ってきました。
そういえば、実家の近くに「熊野神社」がありますが、ここは、その大元ですね。

ここでは、どういうわけだか、ちょうど巫女さんが「草もち」を配っていました。
なので、ありがたく頂戴いたしましたm(__)m

06050307 そして、やっぱりやっとかないといけない、おみくじ(^O^)/
なんと私は「大吉」
夫は「末吉」

ま・・・おみくじですから・・・・。

さてこんなことをしていたら、丁度お昼になりました。
お昼なのですが、熊野本宮大社付近には、あまりお店がありません。
唯一あるお店は、2店ぐらいしかないためか、混んでます。
なので、すぐ近くの本宮温泉郷まで行ってみることにしました。

06050308 かなりこじんまりとした温泉郷でした。
共同浴場などあり、きたない古そうです。
(ちなみに、ここの温泉卿の周辺には、渡瀬温泉とか川湯温泉とか、探せば綺麗な温泉がいろいろあります。)

ここもこれと言って、食べるようなところはぱっとしません。
蕎麦とか、そんな感じの茶屋くらいしかありません。

ここの源泉はかなり熱く、90度です。
なので、卵さえあれば、温泉卵が作れます。

っということで、早速、卵を購入(^.^)
他にも、サツマイモとか、にんにくが売ってました。

06050309卵はちゃ~んとネットに入って売っているのです。
しかも、温泉卵とか作れるように、場所が作ってあります。
卵を浸けて、待つ事13分。
見事な固ゆで卵が出来上がりました(-_-;)

さて温泉卵を作成中に、近くの茶屋でめはり寿司(ご飯を高菜の漬物で巻き込んだおにぎり)を購入してきました。

今日の昼食は  

温泉卵&めはり寿司~(^-^)//""ぱちぱち

さて、昼食を美味しく頂いた後は、
白浜を目指してGO~ヽ(*⌒∇⌒*)ノ

さすがはGWです。
だいぶ道が混んできました。
途中円月島などの名所を車の中か見つつ、綺麗な砂浜の白良浜へ到着!

げ、混んでいる(-o-)
げげ、車が停められない(-。-;)
げげげ、泳いでる!!!!(@。@;)

なんと白良浜今日が海開きでした・・・。

なので、車も停められないことですし、ここは明日、得意の早朝に来る事にしました。

06050312 次に寄ってみたのは千畳敷

←こ~んな感じで段々にスロープ状になって海に向かって突き出して行ってます。
このままたいした落差ではなく、緩やかに海に突き出しているところもあれば、断崖絶壁になっているところもあります。

06050310_1 ←これが断崖絶壁になって突き出しているところ。
写真では分かりませんが、かな~り怖いです。
なのに夫ときたら・・・・。
こういうの全然平気なんだから・・・。
私も行ってみたけど、かなり情けないへっぴり腰になっちゃったヘ(-.-ヘ;)

06050311ここでは釣りをしている方々も大勢いました。
これは・・・・・・
もしかして・・・
干物作ってる???
ん~、こういうのもありかな。

さて、ここの次は「すさみ」まで行って、すさみ町立エビとカニの水族館に行ってみました。
なんでここに来たかというと、以前来た時に猫がいっぱいいたから!(^.^)!
06050313 ところが、猫がほとんどいない・・・・
にゃんでだ~(T_T)

どうやら、捨て猫が多いために、猫対策をされていたようですね。
ま~、しょうがない。
とりあえず、エビとカニの水族館に入って、イセエビとか、高足カニとか、かぶとガニとか、ザリガニを見てきました。

06050314そして、ここに併設(?)してる日本童謡の園を歩いてきました。
ここは、童謡の歌詞が書いてある看板が所々に点在していて、その側を通ると、その童謡が流れるという凝り様・・・。
たいしたことないけどとりあえず、景色の良さそうなところで記念撮影~(#^.^#)

さて、この後はまず温泉でさっぱり!ということで、日置川まで戻り、リバージュ・スパひきがわで温泉に入りました。
ここの温泉はアルカリ性単純温泉で、源泉の湯船がありました。
当然、源泉におもいっきり浸かってきました(^.^)
でも、源泉は私には強すぎたようで夜、肌が痒くなってしまいました~(>.<)

今日のお泊り場所は、温泉のすぐ隣にある、志原海岸の道の駅海来館です。
でも、さすがはGWです。
同じような人々により、お泊り場所争奪戦が・・・・・
幸いにも、比較的に早い時間に来ていたので、割と良い場所が確保できました。
今日も無事に寝ることが出来ました。

※①谷瀬の吊橋
高さ54m、長さ297mの日本一長い鉄線の吊橋。昭和29年に架橋された。今でも十津川の人々にとって重要な交通手段になっている。

|

« 南紀旅行 その① | トップページ | 南紀旅行 その③ »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 南紀旅行 その②:

« 南紀旅行 その① | トップページ | 南紀旅行 その③ »