« 北海道旅行 その③ | トップページ | 北海道旅行 その⑤ »

2006年8月11日 (金)

北海道旅行 その④

今日は朝4時半に起床して、近くにある入浴自由の「吹上露天の湯」に行ってきました。
ここは、ドラマ「北の国から」で、田中邦衛と宮沢りえが入った露天風呂です。
もちろん脱衣所なんてありませんので、露天のそばの石の上で服を脱ぎます。
私は、ステップワゴンの中で水着に着替えてから露天風呂へ行きました。

あぁ~、こんなに朝早いのにふ○○んの方々がいっぱい・・・。
女性は私1人。
こんなんじゃ、写真取れません(ToT)

お湯もとっても熱いので「5分も入っていることができたかな~」くらいで出て、また白銀荘へ一旦戻りました。
朝食を摂ってから、出かけることにしましょう。

06081109

さてさて、この頃オレンジさんより「ケンタッキーフライドチキンのKFC牧場」が富良野にあるという情報を得て、調べてみたのですが、どうも見つかりません。
そのうち、他の方々より、「ケンタッキーフライドチキンのKFC牧場」のというのは、どうやら富良野から300キロ離れた八雲町という場所にあることが判明。

すごいです、オレンジさんのワープ航法は。
私もワープ航法は得意ですが、外環道の数十キロしかワープできませんが、オレンジさんはどうやら、「富良野プリンスホテル」から「ケンタッキーフライドチキンのKFC牧場」まで300キロワープ航法が出来るようです。
まだまだ未熟者の私にはオレンジさんにかないそうもありません。
私にはまだまだ修行が足りませんね( ̄- ̄)
(すみません、オレンジさん。旅行中この話題で夫と大いに盛り上がって大笑いしてしまいました~)

今日はこの後、「富良野チーズ工房」に行って、「手作りバター」に挑戦する予定です。

さて、予約時間になりエプロンをつけていよいよ体験です。
06081101 まずは、生クリームと、牛乳あるいは水の入った容器を振ってバターの塊を取り出すところから始めるのですが・・・・・

夫曰く「こ、こ、こ、これは、あばらに響く~(>.<)

なんて言ってたわりには、かなり力強く振ってましたね。
でもあばら骨折ってるのにこんなことが出来るなんて、1日3回痛み止めと筋弛緩剤と、湿布を貼っているだけはありますね。

06081102 さて、固形物が出来てきたらそれをサラシに乗せて水で洗って、固形物だけを取り出します。
それをまな板に乗せて、水分を絞って、塩をほ~んのちょこっと入れて、混ぜて味を調えます。

06081103 すると、こんな感じのバターが出来上がりました。

この作り立てのバターはとても美味しくて、市販のバターとは大違い。
やっぱりバターも油なので、「酸化」してしまうのだな~というのが分かります。
だって、作りたては、バターだけど、生クリームのような感じと言ってもいいくらいです。
口の中に入れても不思議と油っぽくないんです。

さて、この後は、ここで作られているチーズを2種類購入して、ここで作られてているアイスを食べて次の場所へ移動です。
でも、ここのアイスも凄く美味しい。
甘み控えめなのですが、もの凄く味が濃い。
北海道って、美味しい物が大過ぎですね~(^◇^)

ここを後にしたらちょうど御昼近かったので、北海道の富良野へ来たら必ず行く、カレー屋さん「唯我独尊」へカレーを食べに行きました。
ちなみに、私たちは何故か本店に行かず、富良野プリンスホテル近くにある方の店へ行きます。
だって、最初に行ったのがこっちだったんだも~ん(^^ゞ

06081106 そしてオーダーしたカレーは「そうせいじカレー」です。
そうせいじも、唯我独尊で作っていてなかなかいけます。
割と辛目のカレーなのですが、もてぎのマーボを平気で食べる方々にはちょっと辛さが物足りないかもしれませんが、いい味です。
ちなみに、そうせいじは、カレーとは別々に食べた方が私たちは美味しく感じました。

さて、ここで腹ごしらえをした後は、何を思ったか、いきなりさくらんぼ狩りへ・・・・。

この時期北海道ではさくらんぼ狩りがあちこちで行われています。
私たちは「大橋さくらんぼ観光農園」でさくらんぼ狩りをしました。

普通、関東近辺のさくらんぼ狩りと言うと、時間制限があったり、数に制限があったりするのですが、さすが北海道です。

   時間制限無し
   食べ放題

というわけで、大玉品種の畑を選んでさくらんぼ狩りへGO~(^O^)/

06081104 さくらんぼの畑の中にはいろんな種類のさくらんぼの木があって、木を選びながら広~い畑の中を、つまみ食いのようにしながら、食べて行きます。

不思議なのですが、同じ種類でも、木によって甘さが違うのです。
それで、だいたいさくらんぼが少なくなっている木は→味が甘い。
さくらんぼがいっぱい残っている木は→あまり甘くない。

甘く無いと言っても、甘いのに比べて言う意味で、熟したさくらんぼは全部甘いのですが、人間というのは欲張りなもので、更に甘いの、甘いのと求めてしまうのですね~。
中にはアメリカンチェリーみたいなのもありましたが、やはり、普通のさくらんぼの方が、甘さと酸味のバランスが良く、美味しいですね。

06081105 美味しいからとい言って、これはちょっとお下品ですわね~、(-^▽^-) オーホッホ

だって夫が、口の中に大量にさくらんぼを入れてみてって言うんだもん。
そして、それを写真に撮っては・・・

「うわ~ひどいかお~!!!」

・・・・私の顔で遊ばないで下さい(-_-;)・・・・

ここで、「もう食べられない!!」ってほどさくらんぼを食べた後は、腹ごなしを兼ねて、「北の国からの」のロケ地に行ってみることに。

06081107 まずは、「北の国から」の最後、「遺言」で登場していたガラクタの家拾ってきた家を見に行きました。
バスやらゴンドラやら、家の中には紙で出来た卵パックが断熱材として使われていたりと、良く出来ている事(^◇^)
ちなみにこちらの入場料は200円となっております。
家も一軒だけではなく、数軒建っております。

06081108 そして、次に訪れたのは、五郎の石の家でございます。
ちなみにこちらの入場料も200円となっております。

ここ以外にも、「北の国から」関係の家は他にもあるのですが、実は5~6年ほど前にここの辺りは1回来ていたのです。
そして、其の時は、ちょうど最後の「遺言」のロケ前と言うことで、この石の家を近くで見ることが出来ず、また、遺言の時に作られたガラクタの家拾ってきた家はまだ無くて見ることが出来なかったので、その2箇所を見に来たのでした。

さて、今日もいろいろと遊んでいたら夕方になってしまったので、また十勝岳の吹上温泉の白銀荘へもどって、明日に備えてPM10頃にはお休みなさ~い。

|

« 北海道旅行 その③ | トップページ | 北海道旅行 その⑤ »

コメント

こちらでも話題でしたよる。
300kmていくら北海道でもね。
ワープ!

手作りチーズて良いですよね。
フレッシュだもん。

投稿: TAKA | 2006年8月23日 (水) 09:31

TAKAさん、早いですね~。もしかして、まだ試験アップ中にご覧になったのでは・・・・
300キロ。
いいですよね~(^.^)
何がって言われても困るけど、この感性がステキ!

投稿: きょうちゃん | 2006年8月23日 (水) 09:41

300キロですか~。そんなにあったかな。
ちなみに、北海道にNで行ったときのルート(宿泊地)は。

出発 - 仙台 - 函館 - 旭川 - 稚内 - 富良野 - 小樽 - フェリー - 帰宅

でした。毎日、食事以外はほどんどバケットシートに納まっていました^^;

投稿: オレンジ | 2006年8月23日 (水) 12:27

あら、NSXっで行ったのですね(^.^)
北海道はNSXなんかで走ったら、出してないつもりでも100キロ以上のスピードが出ちゃうんじゃないですか??
300キロが遠く感じなかった・・・それは、ワープではなく、単なるスピード違反ですね(^◇^)

そういえば、前回うちも北海道に最初に車(RF1)で行った時は、とにかく走り続けましたね~(^.^)
本当に食事以外は車の中・・・という感じでした。

投稿: きょうちゃん | 2006年8月24日 (木) 09:17

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 北海道旅行 その④:

« 北海道旅行 その③ | トップページ | 北海道旅行 その⑤ »