« 北海道旅行 その⑧ | トップページ | 北海道旅行 その⑩ »

2006年8月16日 (水)

北海道旅行 その⑨

06081601 さて、今日はまずこれから見なければなりません。
走行中、ついにステップワゴンの総走行距離が2万キロ達成

  
パチ☆\\ ̄ー ̄)( ̄ー ̄//☆パチ

1年間でここまで走りました。

しかし、今日は朝から生憎の雨です。
雨でかすんでいるのに、国後島がかすかに見えるということは、本当に北海道から近いところに国後島があるというこおとですね。
(さすがに写真では分かり辛いので、画像は載せませんが)

さて、今日は予定通り羅臼町側に降りて、知床半島の車で行けるところまで行ってみました。

06081603 途中に、「ひかり苔」なるものがあったので、一応見ていくことに。
黄緑色に見えるのがひかり苔です。
確か、ひかり苔は、鬼押し出し園とかで見たことがありますが、ここの説明では、なんと埼玉県の吉見にあるひかり苔と共に珍しい物とあるではないですか(@o@)
えっと~・・・・埼玉県に住んでいますが、行ったことありません。
近所までは、わりと良く通ったりするんですがね~・・・。
今度行ってみることにしますです。はい・・・・。

06081602_1 この海の中にあるように見える温泉は、ドラマ「北の国から2002」の「遺言」で登場した「セセキ温泉」です。

ドラマの中では、とってもでっかく、回りには何もなく、「入ってみたいな~」って感じの温泉に見えたのですが・・・・・
実際は、狭くて、3~4人も入ればいっぱいになりそうな感じでした。
しかも、やはり着替えるところは無いし、雨は降ってるし、ふ○○んの方々はいるし・・・・
なので、見学だけして終わりにしました。

その後、さららに知床半島の車の行ける所まで行くと、そこには「相泊温泉」という、これもまた無料の露天風呂がありました。
これは、簡単ではございましたが、一応男女別になってはいます・・・・・
しかし、仕切りの板はあまり役にたっていませんので、水着が必要ですね。

ここには、簡単ではございますが屋根が付いていたのと、綺麗だったので入ろうと思ったのですが、どうやら「お湯張りの最中」で、お湯がちょとしか入っていなくて、ここも断念しました。

そして、どこの無料温泉も入れず仕舞いでまた、羅臼町の繁華街(?)にもどって、朝食です。

06081604_1 これは、ドラマ「北の国から2002」の「遺言」で純君の住んでいた家です。

実際は、相泊温泉から更に奥にあって、撮影されたのですが、羅臼町の繁華街(?)に、再現されたものです。
そして、これは観光用に再現されてはいますが、ちゃんとした「お食事処」です。

06081605 中に入ると、何故か魚の干物(?)がぶら下がっていたり、もちろんドラマ「北の国から」関係の物が沢山陳列されていました。

しかも、ドラマだけはなく、吉岡秀隆と内田有紀の実際の結婚式の時の写真もあったりしたのですが・・・この2人確か離婚・・・・・。

さて、そんなことはどうでもよいので、
美味しい食事にしましょう(^◇^)

06081606 もう、魚が新鮮って言うことは本当にいいですね~。
ホッケ定食と、キンキの煮物定食を頼んだのですが、もうこれが
超美味しい~
     (^◇^)

基本的に夫は魚類が好きでは無いのですが、それは東京近辺で売っている魚がどうしても「生臭い」からです。
新鮮な物は生臭いなんてことが全く無く、ホッケなんてこんなに脂が乗っているのに、本当にしつこくなくて美味しい。

そして、キンキの煮物。これはこのお店のお薦めだったのですが、お薦め品なだけあって、本当に美味しい。
味付けも濃くなく、薄くなく、まさしくちょうどいい。
なんでこんなに私たちの口に合うものばかりが出てくるのでしょうか?
もうたまりませんね~(^。、^)ジュルジュル

さて、ここで食事をしている間、何名かの方が「見学のみ」をさせて欲しいと、訊ねてきたのですが、お店の方が「食事をされている方がいますので、それはご遠慮ください」と、ちゃんとお断りしてくださっているので、落ち着いて食べることができました。

そして、ほとんどの方がここの見学を兼ねてお食事をするのですが、中には面白いカップルの方がいました。
女性の方が

一切魚介類が食べられません!!!

というのです・・・。
魚もウニも貝もいくらも、全てダメだそうです。
アレルギーじゃないよな~、すべてダメって事は・・・・。
でも、魚介類が食べられなくて、北海道じゃ、楽しみ半減以下だろうな~・・・・
夫みたいに、「ちょっと古くなった生臭さのある魚介類」が食べられないのとは訳が違いますからね。
「新鮮な物だと、本当に美味しそうに食べる夫で良かった~。」と、この時心から感謝した私でした m(__)m

さて、お腹を満たした後は、この近くにあるやはり無料の露天風呂「熊の湯」に入ってきました。
これは水着禁止で、完全な男女別の露天風呂です。
やはり、水着を着ないで入れるというのはいいですね。
でも、白く濁っていて、非常に硫黄臭い温泉でした。
かなり草津の湯に近いと言ってよいでしょう。

この後は、根室方面へ行って、根室半島のどこかで一泊する予定だったのですが、天気も悪くてなんとなく気が進まなかったので、「北見」へ行くことにしました。

ちなみに、偶然にもこの日、根室沖で花咲ガニ漁の船がロシアの警備艇に銃撃されるという事件が起きていたのですね。
夫の突然の予定変更は、なんか予感がしたのかな・・・・・・・。

ってなわけで、北見方面へ向かいました。
北見に行く途中、網走もあるのですが、前回来た時に見たのでパス。
北見へ直行。
そして、北見に住んでいた夫の同僚のお薦めの回転すし屋「トリトン」へ行って夕食です。
どれもとっても美味しくて、特に、タイの潮汁は魚の臭さが一切無く、とってもいいお味でした。

やっぱり北海道は美味しい\(*^0^*)/

06081607 さてその後は、北見にある日帰り温泉施設「のんたの湯」に入ってさっぱりしました。

なかなかのんびり出来る、良いお湯でした(*^_^*)

さて、北見まで戻ってきたので、今日のお泊りはまた「ぐるっとパノラマ美幌峠」です。

明日に備えておやすみなさ~い。

|

« 北海道旅行 その⑧ | トップページ | 北海道旅行 その⑩ »

コメント

だんだん悔しく成っている。
美味しい物食べて居る事がね。
でも良いな!

投稿: TAKA | 2006年8月25日 (金) 10:03

TAKAさん早いな~(@o@)
本当に今さっきアップしたばかりなのに~
さて、これからその⑩書きますよ~
美味しいですよ~へへへ(^_^)v

投稿: きょうちゃん | 2006年8月25日 (金) 10:12

チェツクが早いかな?

投稿: TAKA | 2006年8月25日 (金) 10:28

早すぎです(^_^;)

投稿: きょうちゃん | 2006年8月25日 (金) 11:41

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 北海道旅行 その⑨:

» 「網走・紋別・北見・知床・ウトロ」の旅館とホテル。 [旅行情報サイト(旅館&ホテル)]
「網走・紋別・北見・知床・ウトロ」の旅館とホテルが探せます。 [続きを読む]

受信: 2006年8月25日 (金) 23:21

« 北海道旅行 その⑧ | トップページ | 北海道旅行 その⑩ »