« リーフ サービスキャンペーン | トップページ | りーちゃんで遠出 »

2011年4月26日 (火)

り~ちゃんに乗ってみて

さて、いよいよ我が家のリ~ちゃんに乗ってみて、どんな感じなのかを書いてみましょー。

♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;

エンジンがないので当たり前なのですが、電源を入れてから発進、信号待ちでのストップなど、めちゃくちゃ静かです

音楽などをかけていないと、思わず小声で話しちゃうほど静かです。

エンジンがある車では、停車中でもアイドリング状態でエンジンが動いているため、ずっと大なり小なりの振動があるものですが、リーフには、そういった振動が全くありません

そして、ステアリング操作は結構気持ち良いです。

というのも、重い重~~~いリチウムイオン電池は、床にあり、重心が低いので、とても安定した走りを見せてくれます。

走行中は、それなりにタイヤノイズなど、振動と騒音はありますが、渋滞時には振動が無かったり、曲がるときは安定していたり、思っていた以上に、リーフは乗ってて疲れません

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

スピードですが、これがびっくりしちゃうほど速い!
最大トルクが280Nmあります。
これは、NSXが約300Nm位(だったかな?)なので、まじ、3リッター車並の加速をします。

車重が、1.5トンと、重いのですが

その重さを全く感じさせません。

ちなみに、我が家のステップワゴン(RG1 2L)は車重がほぼリーフと同じですが、最大トルクは188Nmです。

ですので、高速道路を走行しても、追い越しなどで全くもってストレスを感じる事はありません。

むしろ最初の頃は、エンジン車のつもりでアクセル踏んじゃうと、モーターゆえに、静かにこっそりと結構なスピードがあっという間に出ちゃってたりしてました。

で、馬力ですが・・・・かわいらしく109馬力~

でも、心配はいりません。
高速道路を走ると、みるみるうちに、電気が消費されていくので、馬鹿みたいに飛ばすことはないから~♪

だから、高速道路を法定速度前後で走るならば、加速も全く問題ない(むしろ、力強い)し、馬力は気にしないで大丈夫です。

ちなみに坂道では、上りでガンガン電気使うけど、下りで電気を貯めるから結構いける。

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

一般道を走る分には、足回りも適度な感じで硬すぎず柔らかすぎず、ぼよよ~ん感もなく、いい感じではないかと思います。

しかし、高速道路となると・・・・・ホンダ車にずっと乗っている私にとっては、ちょっとボヨンって感じがするかな?

ステップなんかはワゴンなんだけど、高速で段差を通過したとき、ガツッって突き上げたあと、おさまりがいいんですよね。

だけど、リーフは、高速で段差を通過したとき、ちょっとだけボヨンかなぁ~。

でも、これは多分、好みの問題だと思います。
というのも、ホンダ車って、今までどの車乗っても、基本は同じような感じの足の乗り心地なんです。

だから、ホンダ車の足を「硬い!」と感じる方もいるだろうから、リーフの足の感覚の方が好きっていう方もいると思いますので、これは好みの問題です。

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

まっ、結論を言うと、走りに関しては、この大きさ、車重、車高を考えると、

にじゅうまる

をあげちゃいましょう。

♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:

さて、次はエアコンでぇ~す

3月の寒~~~い時期にやってきたので、まずは暖房から。

ヒーターは、車の電源入れて、エアコンスイッチ押しても、すぐには暖かくはなりません。
ちなみに、エアコンをいれずに、何十分、何時間走行していて、途中からエアコンのスイッチを押してエアコン入れても、すぐには暖かくはなりません。

リーフの暖房は、一回お湯を温めて、それから、それを使って暖かい空気が出てくるんですねぇ~。

なので、エアコンのタイマーを設定して入れておくか、i Phone、あるいはi Podを使用して、乗る前にエアコンを予め作動させて暖めておくのがよろしいかと。

ただし、リチウムイオン電池はそれなりに消費します

でも、充電ケーブルが接続されていれば、リチウムイオン電池ではなく、200Vの電源でエアコンを作動してくれます。

で、一回お湯が暖まって、ヒーターが出てくれば、とても暖かくなるのは、他の自動車と一緒です。

が、除湿機能が・・・・・・・・・弱い

窓がえらく曇ります
走りのモードを、ドライブモードにしようが、エコモードにしようが、大差なく曇ります。
そして、車内は暖かいのですが、湿気った感じの暖かさです。

ですが、心配はいりません。
フロントガラスが曇っちゃったら、デフロスターを使用すれば、みるみるうちに曇りが取れていきました

が、もちろん、エアコン使用なので、リチウムイオン電池は消費します

と、いうことで、内側の窓には、強力な曇り止めを塗っておく事を、お勧めします。

そんな感じの暖房ですし、エアコンは、かなり電力を消費するので、多少の寒さくらいならば、使用したくないので、冬のリーフでは、ひざ掛けを使用していました。

で、ここで前々回のブログで、寒冷地仕様を選択しておけばよかったの答えが出てきます。

寒冷地仕様は、ステアリングヒーター&シートヒーターが装備されいます。(あと、ヒーテッドドアミラーも)

これらは、リチウムイオン電池ではなく、12Vのバッテリーから電気を使用しますので、走行距離にはほとんど影響しません(たぶんね~)。

ステアリングとシートが暖かければ、ひざ掛けだけの使用で、きっと、いけると思うのは私だけでしょうか

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

さて、冷房はというと、こちらは、エアコンスイッチ押せば、すぐに効き始めます。
とても涼しくて、問題ない感じです。

ただし、まだ真夏の暑さでの乗車を経験していないので、これ以上は、分っかりませ~ん。

と、いうことで今回はこのへんで~

|

« リーフ サービスキャンペーン | トップページ | りーちゃんで遠出 »

コメント

楽しそうで良いですね!!
これからもレポート楽しみにしています。

投稿: TAKA | 2011年4月26日 (火) 08:55

TAKAさんへ
やはり、今までとはまったく別の物なので、楽しいですね
ガソリン車と違って、まだまだ不便なところはありますが、いろいろと試して楽しんでみようかと思います。

投稿: きょうちゃん | 2011年4月26日 (火) 18:13

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: り~ちゃんに乗ってみて:

« リーフ サービスキャンペーン | トップページ | りーちゃんで遠出 »