携帯・デジカメ

2009年10月24日 (土)

防湿庫

さて、カメラとレンズ購入の続きなのですが、先週、ついにダ~リンが防湿庫まで購入してしまいました。

Img_6821_2 やるとなったら、とことんやるところがナイスheart04

預金通帳は見ないようにうしましょう・・・think

そして、さらに購入しちゃったもの・・・

Img_6822_3 無線でございます。
これで、さまざまな飛行場管制を聞くことが出来ます。

ちなみに、普段聞いてるのは英語がめちゃくちゃ流暢なうえ、早口(?)で、何言ってるいるのか、ほとんど聞き取れません(ToT)

これが、自衛隊の基地などに行くと、途端に、日本人英語(?)になって、結構聞き取れたりします。

無線初心者だと、そこの管制塔の周波数を見つけるので、精一杯なのですが、上級者になると、ブルーインパルスなどのアクロバット中の周波数を見つけられ、会話を聞き取ることが出来たりしちゃうようです。

さて、これらのものを揃えたならば、いろんな基地祭に行きたくなるのは当然ですね~。

って、ことで、実は10月12日に岐阜基地の

shineshineshineshineGIFU AIR FESTIVAL 2009shineshineshine

へ行ってまいりました。

で、そのブログを書こうかと思っていたのですが、その航空祭、町内会の体育祭の後に出かけたので、かなり、お疲れ状態で行ったのが祟って、その週は私、ほぼ寝込んでしまっていました(^_^;)

で、しかもその航空祭でダ~リンが2000枚近い写真を撮るので、まとめる気がなかなかおこらず・・・・

で、今、まとめてる最中なのですが、スライドショーが間に合いません。

でも、それを待っていると、いつ出来上がるかわかりませんので、次回のブログでは、とりあえず、岐阜基地の航空祭の様子のみ載せて、スライドショーは出来次第、追加して行くことにしましょ~。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2009年10月 9日 (金)

レンズ沼

最近、ダ~リンと一緒にあちこち出歩いて、いろいろと写真を撮っているのですが・・・・

そのせいか、ダ~リンが、もっと良いレンズを!!と、欲しがり始めてしまいました(^_^;)

高校生の時、写真部だったこともあり、カメラ遊びに火がついてしまったようです。

で、そんなこんなしているうちに・・・・・・・

Img_6659 これだけの物がそろってしまいました~( ̄▽ ̄;)

右側の2つは、もともとあった、SONYのα200と、それについてた望遠レンズで、左側4つ+カメラ1台が今回買いまくっちゃったものでございます(;^_^A

では、買いまくっちゃった品々のご紹介です~。

  

まずは、一番左側のは、望遠レンズを更に生かすための、
1.4倍のテレコンです。

Img_6662これで、更に遠くを飛ぶ飛行機を大きく撮る事が出来る・・・かもしれません。

左から2番目のレンズは、単焦点レンズです。

Img_6663DT 50mm.
F 1.8

に固定されたレンズで、とても明るく、ポートレート用など、撮りたい被写体を、とても際立たせて撮れます。

  

左から3番目は、カメラがα700と、それにくっついてる普段用のレンズですが・・・

Img_6665 なんとこちらのレンズ、shineカールツァイスレンズshineでございます(^_^;)

DT 16~80mm.
F 3.5~4.5

いったい、どのように撮れるのでしょうね~。

ちなみに、もともと持ってたα200にくっついてたレンズと外形を比較すると

Img_6664 こんな感じです。

大きさが全然違いますね~。

ちなみに、左側の安物レンズは、

DT 18~70mm.
F 3.5~5.6

です。
カールツァイスレンズとは、微妙に数値が違ってます。

  

 

そして、左から4番目の望遠レンズです。
α200についていた、安物レンズと外形を比較してっと。

Img_6660右側の大きな立派なレンズが、今回購入した SONYのGレンズです。

本当は、カールツァイスのが欲しかったようですが、望遠のカールツァイスとなると、御値段が3桁近くになってしまうので、こちらになりましたが・・・・

これだって結構な御値段です(ーー;)

ちなみに、SONYのGレンズは、

DT 70~300mm.
F 4.5~5.6

で、左側のお安いのが、
DT 75~300mm.
F 4.5~5.6

でございます。

 

で、最近は天気が悪く、台風も来たりして、まだレンズの性能をきちんとは試してませんので、違いは後日、書いてみましょう。

ただ、1つだけ、高価なレンズの方が優れているというのが、すぐに分かったことがあります。
それは、

AutoFocusがメッチャ速い(ノ゜⊿゜)ノ!

しかも

超静か(ノ゜⊿゜)ノ!!

これならば、戦闘機の素早い動きにも対応出来るかも?

で、最後に、何故か買っちゃったα700・・・・

Img_6667 左がα700で、右がα200です。

似てるけど、α200はプラスチックで出来てて、α700は、マグネシウム合金と高強度アルミ素材で出来てるらしい。

画素数もα200が10Mで、α700は12.2M

後は、フラッシュが、α200は、ほっとくとAutoなので、出て欲しくない時にも、勝手に出ちゃって、いらない時はいちいち操作しないといけなかったけど、α700は、フラッシュの使用は、自分の手でカメラ上部についている、フラッシュを開いてあげるとフラッシュになるという、なかなか使い勝手が良さそうです(^-^)

あと、液晶モニターがα700の方が綺麗。

 

さて、こ~んな感じですが、あまったα200なのですが、ダ~リンが

きょうちゃんに
3万円で売ってあげる~♪

・・・・・・・・・(・o・)ハイ?

って、なんじゃそりゃ?(-_-#)
私は小さいデジカメ、キャノンの20ISで十分じゃ~ヽ(`○´)/

って言ったら

じゃ~、3万で買って~d(^▽^)

・・・・・・・・・(ーー;)

了解です。
一応、購入時の半額以下だからね。

別に、我が家の家計は別れてるわけじゃ無いんだけど、ダ~リンがへそくりしてて、そのへそくり口座に3万入れてくれ、って事なんですね~。
そう、レンズの一部はダ~リンのへそくりで、買ったようです。

やれやれ・・・・(-o-)

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2009年8月20日 (木)

2009年8月青森県旅行 その③

さて、今日は青森県旅行3日目
     8月12日(水)の日記になりま~すhappy01

今日は、メタボ解消プロジェクト!として、
奥入瀬渓谷を歩いてまいりました~happy02

当初の予定では、奥入瀬渓谷の入り口である、焼山というところから歩こうと思ったのですが・・・・
そこから歩くと、なんと5時間近くかかりそうというので、それはいくらなんでもsweat02・・・・

っということで

Photo

ちょうど見所が沢山出始める石ヶ戸(いしげど)から歩くことにしました。

それでも、ここから十和田湖まではかなりありますよ~。
なんたって、写真撮りながらとはいえ、3時間ちょっとかかりましたcoldsweats01

では、いきなりですが、スライドショーをご覧くださ~い。

ちょっと手ぶれが多いのは、手持ちでの撮影なのでご愛嬌~。

この奥入瀬渓谷では、さすがにSONYのα200の腕が試される場所でしたね~。

たとえば・・・・

Dsc05055 この画像は、α200のAUTOで撮ったものです。

シャッタースピード 1/50
絞り値 5.0
ISO 100

そして、同じカメラで同じ構図でも

Dsc05057 シャッタースピード 1/8
絞り値 13.0
ISO 100

ですが、別物に見えるでしょ~?

他にも・・・・・

Dsc05136 こちらもα200ですが

シャッタースピード 1/80
絞り値 9.0
ISO 100

で、こっちも同じカメラ同じ構図で・・・

Dsc05135 シャッタースピード 1/4
絞り値 22
ISO 100

ですが、滝の流れがとても綺麗に見えますよね。

しかし・・・・・
残念ながらシャッタースピードを遅くすると、当然のことながら手振れが発生しやすくなります。

シャッター音を聞いていると、普通がカシャ!だとすると、カ・・・・・・・ッシャ!ですからね~。

絶対三脚が必要です d(  ̄^ ̄)

他にも

Dsc05089 こんな感じに綺麗に撮れてたり・・・・

α200
シャッタースピード 1/3
絞り値 22
ISO 100

がAUTOだと

Dsc05090 α200
シャッタースピード 1/50
絞り値 5.6
ISO 100

確かに手振れはないんだけどね。

で、ちなみに同じ構図なんだけどカメラを変えて・・・・

Img_5854 Canon IXI DIGITAL 20IS だと、こんな感じ。

シャッタースピード 1/60
絞り値 2.8
ISO 80

もちろんシャッタースピードなんて変えられませんので、完全にAUTOです。( ̄▽ ̄)

こりゃまた、全然違いますね~。緑が薄~い。
でも明るく見えますね。

ま、こんな20ISですが、このカメラにはこのカメラの良さがあります。

ちっこい三脚で十分なので

Img_5793 こ~んな感じで、どこでもお手軽に、2人の記念撮影ができます(^^)v

Img_5837 あとはこ~んなとかね~。

奥入瀬渓谷の画像の最後は大人気の銚子大滝でしめましょうかね。

Dsc05130_1

ちなみに、十和田湖近くには水門があって、奥入瀬に流す水の量などを調節してます。

理由は、下流にはいくつかの発電所があって、この水は水力発電に使用されているからです。

それと、奥入瀬に入れる水の量を調節することにより、奥入瀬渓谷の水は、ほぼ一定となっており、そのために奥入瀬渓谷独特の景色できるそうです。

川の流れの画像をいくつか見ていただくと分かると思いますが、水から出ている石には、必ずと言っていいほど、コケや草が生えていて、とても綺麗な景色になっていると思います。
これは、水量が一定のたまものということで、十和田湖を貯水池として、奥入瀬に流れる水をコントロールすることで、観光・発電・灌漑という、3つの利用を可能にしているそうです。

では、そんな奥入瀬渓谷の水の流れを見ながら、ステキな音を堪能して癒されて下さ~い。

さて、十和田湖に到着したら、ここでお弁当です(^^)
本当は、奥入瀬渓谷の途中で、いい場所があったら食べようかと思っていたのですが、敷物忘れちゃったのと、当初予定していた場所「焼山」からではなく、途中の「石ヶ戸」から歩いてしまったので、お昼には十和田湖に到着しちゃったのでした~。

で、十和田湖でお弁当を食べたら、ここからバスに乗って、車を置いてきた「石ヶ戸」までもどります。

もどった後は十和田湖と言えば!!!ということで、車で十和田湖の周辺をちょっと走って、

Img_5889 おばさんの像

違った。

高村光太郎作 「乙女の像」 を見に行ってきました。

そんなわけで、おばさんの像乙女の像を見て、十和田湖を何となく見て、

Dsc05156 あの、スワンボートでも乗ろうかととの意見も出ましたが、奥入瀬渓谷を3時間以上かけて歩いて、意外に足にきているため・・・

Img_5886 ここは、もういいだろう・・・と言うことで、次に向かうことに。

さて、次はどこへ行こう?というよりも、もう疲れちゃったので、早く温泉に入って寝ちゃおー( ̄0 ̄)/ !!
ってことで、一応観光を兼ねながら行ける場所へということで、八甲田を抜けて浅虫温泉へと向かうことにしました。

Img_5898 途中、絶景の渓谷が見られる美しいアーチ橋「城ヶ倉大橋」を見学。

09081201 とりあえず、橋の地上最高点まで行って、下をのぞいてきました。

Img_5904 そこから下を見たらこ~んな感じ~。

高すぎてよくわからん( ̄▽ ̄)

それでも、回りの方々はものすごーく怖そうにしてたから、怖いのかも?

でも、これで怖がるならば、是非とも四国にある、かずら橋を渡って欲しいものです。
かずら橋の方が、まじ、怖いから (((=_=)))

ということで、ちょっと早めではございますが、今日は道の駅浅虫温泉で温泉と夕飯食べて、早々とお休みです。

Img_5905 ちなみに、この辺りはホタテの養殖が盛んで、夕飯は郷土料理の帆立貝焼き味噌定食を頂きました。

まったく・・・・

東北は美味しいものが多すぎる~。
これもめちゃくちゃ美味しかった~(^。、^)ジュルジュル

と、いうことで、今日は終了。
また明日。

つづく

| | トラックバック (0)