書籍・雑誌

2008年1月16日 (水)

日産 R35 GT-R

いつもはHONDA車びいきの私ですが、今回は、今、ちまたで話題の

☆ R35 GT-R ☆

のことをちょっこっと書いてみましょ~(^◇^)

08011601 \( ̄▽ ̄)

はい、こちらの雑誌が先週発売されました~。

なんでこの雑誌を買ったかと言うと・・・・

なんと、前回の新年会のブログで登場した、夫の大学時代の親友のSさんが、この雑誌で、雑誌デビューをしたからで~す。

この雑誌の中でほんのちょっとだけ、車体計画・設計グループ アシスタントマネージャーということで、写真つきでで載ってますので、この雑誌をお持の方は、是非探してみてくださいね~(@^^)/~~~

さて、GT-Rといえば、ニュルブルクリンクでのタイムアタックで出した記録。

  ♪ 7分38秒54 ♪

って数字ですね。

これは、Sタイヤ等ではなく、GT-Rの標準タイヤでのタイムアタックで出した記録。

しかも、路面は一部ウェットで、タイムアタックの時には「これではタイム出ませんよ」って言う中、「いいから、いっちゃって」って言って、アタックしたらこのタイム。

更に聞いた話だと、GT-R専用に作られたタイヤもブレーキも、サーキット走行などしたって、そう簡単には減らないらしい・・・・。

そして、更に聞いた話だと、なんとこの車、標準タイヤ(夏タイヤ)を履いたままで、ゲレンデの斜面を登ることが出来るらしい・・・・。

・・・・・・・・・・・・・・・・ (--;)

ほんとか~????

信じられないけど、GT-Rは高くて買えないので、試すことができませ~ん(ToT)
どなたか買って、試してみてくださ~い(@^^)/~~~

ちなみにこの雑誌、モータージャーナリスト兼レーシングドライバーで、NSXの師匠でもある清水和夫さんも試乗されて、インプレッションを書かれています(^◇^)

そして雑誌とは離れますが、清水和夫さんがGT-Rに乗った動画が見たい方は清水和夫さんが主宰する動画サイト、Start Your Engines をどうぞ~(@^^)/~~~

 

  Start Your Engines 
  (http://www.startyourengines.jp/

  

  

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2006年5月31日 (水)

ダ・ヴィンチ・コード

「ダ・ヴィンチ・コード」が流行っている。
「面白いよ~」とか「私も読んだよ~」とか結構いる。
基本的に、本は古本屋で調達する主義ではあるが、「そこまで言うのなら・・」と古本屋に出てくる前に、今回はちゃんと本屋で購入して、読んでみた。

この「ダ・ヴィンチ・コード」は文庫本で上・中・下・の3冊に分かれている。
が、別に3冊でなくても1冊にまとめたとしても、どうって事の無い厚さである・・・というか、1冊がとても薄い。
こんな厚さならば、1日で3冊くらい簡単に読破できる感じではある。
まだ、上を読んでいるところであるが・・・・

・・・・できない・・・
・・・・本の中に入り込めない

内容はとても面白そうである。

ただ・・・・言い回しや、感覚がなじめない(ToT)

まず、カタカタな苦手である

名前が漢字であれば、頭の中で「絵」として目で記憶されているのか、1回紹介があれば、人物と文字が直結して、たいがいは覚えていられる。
しかし、カタカナだと、発音があって、それから、「え~っと、誰だっけ?」っと頭の中で中断が入る。
これは人物だけではなく、建造物などの名称でも同様である。

そして、言い回しや、表現方法がなじめない。

フィートやヤード、ドルが出てくると「え~っと・・・・」とやはり頭の中で中断が入る。
どうせ和訳しているのだから、カッコで世界標準単位や、日本人になじみのある単位を入れておいて欲しい。
「ワシントン・モニュメント」の3つ分?なんだ?ワシントンモニュメントって・・・
大きさを表現しているのであろうが、そっちの方が気になる(ToT)
そんな感じで、やはり頭の中で中断が入る。

その他にも、ちょっとした言い回しや、行動などの表現方法が微妙に「ん?」っていうのがあり、なかなか本の中に入り込めない(ToT)

まずいな~、だいぶ脳みそ硬くなってるかも・・・・・

でも、まだ「上」だからね(^.^)
「中」・「下」と行くにつれて、慣れてくるに違いない。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2005年6月14日 (火)

本を出版したそうです

先月、私の兄が本を出版したそうです。
興味がおありでしたら、購入してみてください(^^♪

「H8/Tinyマイコン完璧マニュアル」

詳しい事は↓こちらまで
http://www.cqpub.co.jp/hanbai/books/37/37381.htm

| | コメント (0) | トラックバック (0)